オーダースーツ専門店 テーラーサクライ

コラム index

テーラーサクライトップ > コラム

コラム

改めて3シーズンスーツのお話

3seasons_fabric.jpg
毎年秋シーズンになると、「3シーズンのスーツを仕立てたい!」というご注文が多くなってきます。

秋から冬にかけて温度が下がり、段々と風が冷たくなりますが、秋?冬?春の3シーズンをそのまま過ごすことができるため、とても人気があります。

特にクールビズ期間にスーツを着用する機会のない方にとっては、コートを羽織れば最も寒い時期もなんとかしのげるため1年を3シーズンのスーツで通してしまうそうです。

また、冬の東京の満員電車は暖房が効きすぎて厚手の生地のスーツでは具合が悪くなってしまうというお話もよくお聞きします。



当店では3シーズンのスーツのご注文時、表面が起毛されていないクリアカットの生地で

  • 1mあたり260g?300g付近の綾・朱子織り
  • 1mあたり280g?320g付近の平織り
の生地をお選びし、おすすめしています。

3シーズンの生地として、日本のオーダースーツで最も使用されている生地ではないかと思われるのがカノニコの "Super 110's / 260g" でしょうか。

カノニコが生産する同じSuper 110's 原毛を用いた生地でも実は様々なウェイトの生地があり、湿気が少なく冬が寒いイタリア本国では春夏物の扱いに入ることもありますが、日本の秋冬春シーズン用には最適ということで、この260gは非常に人気があります。

同様に他のメーカーも傾向の近い生地を生産の中心に据え、様々なクオリティの生地が提案されています。

ホーランド・シェリーの "Target" や "Snowy River"、ロロ・ピアーナの "Eleganza" や " Wish"、チェルッティの "Nobility"、Dormeuilの "Amadeus 365" など、各メーカーの主力生地が揃います。




続きを読む

"New Slim Fit Coat"

Ulster Coat.jpg新作のコートのご案内です。所謂オーバーコートのお仕立ては今まで通り行っておりますが、ジャケットやスーツの上に羽織ることができ、なおかつオフタイム用にセーターなどの上に着用してもだぶつかない、スリムなコートのご要望が年々多くなってきました。

そのためリーズナブルな価格設定で、なおかつデザイン面・サイズ面でも自由度の高いラインを設定いたしました。新しいスリムフィットコートです。

標準仕様で肩はノーパッド、裏の仕様は身返しを大きく取った、アンコン仕様で軽量化を図っています。
(もちろん総裏でのお仕立ても可能です)

衿・袖・ポケット・ウエストベルト・バック(背中)、それぞれ自由にデザインを組み合わせてお仕立てができます。


左の画像のサンプルは、「Ulster Coat (アルスターコート)」。昔ながらのアルスターコートはロングコートですが、昨今の流行と軽量化を図るため若干ショート丈にデザイン、現代的に仕立てています。



続きを読む

natural born elegance - Lanificio F.lli Cerruti


Cerruti-1.gif
「natural born elegance」 これがチェルッティのブランドコンセプト。高級生地メーカーが林立するイタリア北部のビエラにおいても、1881年の創業という歴史は古い方から数えた方が早いくらい。

ただし、古くからあるメーカーゆえ方向性はクラシックなのかというとそうでもなく、毎シーズン発表される各メーカーの新しい柄やクオリティを見ると、チェルッティだけは少し違う方向を向いているなという感覚を常々感じていました。

あくまでスーツの生地ですので、やはり紺やグレーなどのダーク色が中心となり、他のメーカーと比較して極端に奇抜な色柄を提案してくるわけではありません。とすると、「少し違う方向」とはどこなのか。

続きを読む

2009-10 A&W New Bunch Collection

この時期になると、続々と各マーチャント、ミルより新作生地・バンチが到着します。各社どんな提案をしてきたかと、到着したバンチを初めて開く時はとてもわくわくする瞬間です。

Caccioppoli_Bunch_09-10AW.jpg
今シーズン、最も早く到着したのがナポリのマーチャント(生地商社)「Caccioppoli (カチョッポリ)」のバンチでした。

イタリア製のサキソニー、フランネルを集めた「#5902 Abiti」(イタリア語でSuits)とイギリス製のジャケット・スーツ素材をまとめた「#5903 Abiti E Giacche」(イタリア語でSuits & Jackets)の2冊です。

続きを読む

メタルボタン (Firmin & Sons, Lear Browne & Dunsford, Loro Piana)

最近はネイビーブレザーにナット(ヤシの実)やホーン(水牛の角)のボタンをつけることも多くなりました。ネイビーブレザーというよりはネイビージャケット。上品になりすぎないように、というイメージです。

一方でトラディショナルなブレザーのイメージ、上品に仕上げるのならメタルボタンは必須です。さらにいえばゴールド色のメタルボタンはシルバーのメタルボタンよりもクラシックなイメージとなります。


Blazer_Buttons.jpg当店ではイメージに合ったお好みが見つかるよう、様々なメタルボタンをご用意しています。どれを選ぶかで仕上がりの印象ががらりと変わるメタルボタン。その中でも特にお薦めのボタンをいくつかご紹介いたします。

続きを読む